2012年5月29日〜6月6日
成田発17:30 UA890便でロスアンゼルスへ 到着:11:18着
ロスアンゼルス発:14:45 WN2053便でラスベガスへ15:45着

ラスベガスよりバスでグランドキャニオンへ
ラスベガスを出るとすぐに荒涼とした砂漠地帯が広がりいちめんが1,2mのブッシュが点在し遮るものがなく360度
見渡す限りの荒野だ。 
途中の町で中華レストランでバイキング(夕食) グランドキャニオン 到着:22:00。
  
         ラスベガスへ行く途中の上空                   ラスベガス上空
2012年5月30日
サウスカイバブ・トレイル (約3時間)
赤茶けたグランドキャニオンの断崖を標高差約300mを下る。
約1時間ほど下ると休憩ポイント(トイレ有り)で20分ほど休みもと来たルートを登り返す。
  
          はるか下にルートが見える                グランドキャニオンの下降点       
  
         Grand Canyon                          Grand Canyon          
  
         Grand Canyon                        眼下にコロラド河

モニュメントバレー
2012年5月31日
朝、グランドキャニオンの朝日観賞の後モニュメントバレーへ移動。
途中、デザートビューポイントを見物
  
            デザートビュー                       デザートビュー               
モニュメントバレーは西部劇の舞台になりアメリカの原風景でとくにナバホ族の居住区でバレーは四輪駆動車で
土埃の中を1時間ほど走る。
居住区の中でナバホ料理と踊りにひと時を。
  

  
         3姉妹(左の尖った岩)                       ナバホの絵              
   

アンテロープキャニオン
2012年6月1日
まるで水流の渦が引き起こした(洪水などで)岩肌がそのまま残り不思議な造形は砂丘が固まりまるで今どこに
自分がいるのかを忘れそうな光景に驚かされた。
  
         コロラド河のダム                高さがわからない(ボートが浮かんでる)      
  
       岩の造形                              岩の造形                  
  
     白く見えるのは土埃に光が照射                                          

ブライスキャニオン
永い年月を経て創り出した尖塔群が見る人を魅了するような素晴らしいキャニオン。
ここも2時間ほどかけて約100mの谷底までハイキングするが、雷を避けてのチョットスリルあるハイキングで
1周するため途中で戻ることができない。
  

  

ザイオン国立公園
2012年6月2日
エメラルドブルーハイキング
この峡谷は今までと違い土埃の立たないところで快適だった。
  

  

ヨセミテ国立公園
2012年6月3日、4日
前日ザイオン〜ラスベガスまでUA5340便でサンフランシスコまでもどり5時間かけてヨセミテへr移動。
(実は前日の便が飛ばずに翌日のフライトで)
夕刻近くにヨセミテに到着。
砂漠地帯とは趣が一変する。
山岳地帯を延々とバスに揺られて到着すると目の前に聳え立つ岩山に圧倒される。
ヨセミテ滝、ブライダルベール滝、センチネル橋等見て専用バスでグレイシャーポイントへ行きハーフドームを
見ながら昼飯の弁当を食べてからハイキング。(下り)
  
         エルキャピタン                          ヨセミテ滝                
  
        ハーフドーム(望遠)                        ハーフドーム              
  
         ハーフドーム                            エルピャピタン
6月5日
ヨセミテより早朝のバスでサンフランシスコへもどり、11:01 UA837便で成田へ

アメリカ編

  国立公園5つの大絶景ハイキング
 グランドキャニオン


index.htmlへのリンク